ドングリの仲間には子葉(双葉)が地上に現れないという特徴があり、春には本葉がすぐに輪生状に展開し、初夏の太陽の光を効率よく吸収するそうです。
市民の森の入口付近にコナラ orミズナラの実生がたくさん見られました。
ここの子葉は地上に出ていて、ドングリから根が出て、芽生えている状態がよくわかります。