これまでは、秋に伐採し冬越しして乾燥させた原木に駒打ちして、林内に地面伏せしていましたが、
シイタケが思うように採れていないということでこれを改善するための条件を探るということで
実験をすることになりました。
実験因子は2つ。
1.管理方法
仮伏せ→本伏せと通常の管理を行うものと、最初から地面伏せ。
2.原木の伐採時期
昨年、秋に伐採して冬越しして乾燥した原木と今年、春に伐採して乾燥させておいた原木。
シイタケの駒500個を駒打ちして林内に伏せました。
仮伏せから本伏せにする際に菌が繁殖している状態を確認できればよいのですが、
それが確認できなければ来年の秋まで結果が分からないのでしょうかね。