間伐材を使って、丸太ベンチを作りました。
長さ3mのもの2本、1.5mのもの2本。3mのものは、ベンチとしてはかなり大きいもので20160514-0035~6人余裕で座れます。
座る面の材は、厚さ10cmくらい、台の部分の厚さは、20cmくらい。茶色の塗料も塗って、防腐対策もバッチリ。
このベンチは、長野環境パートナーシップ会議の「小生物の育成環境保全プロジェクト」のメンバーから依頼されていたもので活動拠点としているオオムラサキが棲息する森に設置する予定です。オオムラサキが森の中を飛び交うようになる前にベンチを設置できると思います。「小生物の育成環境保全プロジェクト」の皆さん、もう少し待っていてください。

ベンチ作りは、広場で行ったのですが、広場の周りの木には、緑の葉が広がり、気持のよい木陰が出来ていました。
ウワミズザクラはブラシのような白い花を咲かせ、ホウの木にも高い所に白い花が咲き、キリの木には先端に紫色の花が咲いていました。バッコウヤナギ(?)の綿毛をまとった種子があたり一面に飛んでいたり、この時期は、次々といろいろなものが見れて面白いですね。

20160514-00520160514-00620160514-007