森林博物館(実験林)の刈り払いをしました。
白樺の林の遊歩道以外のところは、白樺の周りにススキ、笹・ミズナラ・リョウブ・ヤマウルシ・ツツジ・マツなどがぎっしり埋め尽くしていて、やぶやぶ状態。
遊歩道の近くだけは、刈ったのですが、やぶやぶ状態はずっと奥のほうまで続いています。
もう少し手入れをしたほうがよさそうですね。
午後からは、スパイラルの広場で桐の丸太を製材しました。
直径60cmくらいの丸太をチェンソーで製材するのですが、排気量の大きいチェンソーであっても簡単には製材できません。チェンソーが悲鳴をあげそうでした。

直径60cmの桐の丸太を製材

直径60cmの桐の丸太を製材