自分だけの「かんじき」を手作りし、雪の上を散策するというイベントで参加者11名+2才児2名、スタッフ6名が参加しました。
2才児が2名参加していて、それぞれのお母さんは子供の相手をしながら「かんじき」を作って、散策の時も子供の手をひいたり、だっこしたりとたいへんだったかもしれませんがお母さんも子供も楽しんでもらえたようです。
今年のスパイラルは、1~2月閉鎖されていて、ほとんど除雪されていないため、車道にも雪が残っていたので車道を途中まで登って、同じところを戻ってくるというルートを「かんじき」で歩いてみたのですが、歩きやすかったと思います。