スタートハウス近くの倒木処理をしました。
太い倒木が太い木にかかっていて、周りにスペースない、斜面で足場が悪いので伐るのも難しい、 伐っても倒れない、伐った後、引っ張ることもできないかもしれないという状態だったのですが、 安全に伐り倒すことが出来ました。

作業した順に写真を並べています。

  1. 伐木前 倒木の上のほうで他の木に絡んでいる
  2. 伐木前 倒木の根元が盛り上がっている
  3. どちらに加重がかかっているのかわからなかったため、突っ込み伐り。切断面を滑るように引っ張るため、下に落ちないようにロープで引っ張っている。
  4. 突っ込み伐りで残したところを伐って、木の断面を滑らせるように引っ張るつもりであったが片側だけ大きく開いてしまった
  5. 開いてしまったところと反対側も伐り、ロープウインチで引っ張る。滑車を2個使用して倍力にしている。
  6. ロープウインチで引っ張ると切断面を滑るように引っ張ることが出来たが根の間に入りこみ動かない。
  7. ロープで引っ張る方向を変える。
  8. ロープで引っ張った時に折れる側に受け口を作り、受け口と同じ高さで突っ込み伐りでツルを作る。突っ込み伐りの高さと少しずらして追い口側に少しの切れ目を入れ、ロープウインチで引っ張る。
  9. ロープウインチで引っ張ると追い口側で伐り残していた部分が伐れて、折れ曲がる。
  10. 木の上のほうで絡んでいたところも外れて倒すことが出来た。