定例会でオープンカットの話があったので、さっそく試してみました。
通常、受け口の下の面は水平に伐るのですが、オープンカットでは下の面を45°、受け口の角度が90°になるように伐るようです。
このように伐るとツルが最後まで役目をはたすから倒す方向がズレない、さらにバウンドしないということのようです。
上の面の45°はいつもやっているので問題なく伐れたのですが、下の面の45°はうまく出来ない、かなり思い切って角度をつけないと45°にはならないようです。
オープンカットで伐ると確かにバウンドしないで倒れてくれるのでいいかも。

先日、きのこの駒打ちで原木を伏せた林にショウジョウバカマが咲いていましたが、Fエリアにもショウジョウバカマが咲いていました。踏みつけないように気をつけます。コシアブラは、まだ小さいつぼみ。
昨年、間伐したところのスギの葉が元気になったようでちょっとうれしいです。

20160430-006 20160430-009
20160430-001 20160430-003
20160430-011